このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

シンポジウム コンテンツ一覧

13:00-13:05 主催者挨拶
三島 良直
(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 理事長)
13:05-13:15 事業紹介
齋藤 英彦 先生
(再生・細胞医療・遺伝子治療プロジェクト プログラムディレクター
 国立病院機構 名古屋医療センター 名誉院長)
13:15-13:40 動物の体内で移植用のヒト臓器をつくる
中内 啓光 先生
(東京大学医科学研究所 特任教授)
13:40-14:05 細胞の個性を生かした心臓再生医療
遠山 周吾 先生
(慶應義塾大学医学部 循環器内科 専任講師)
14:05-14:30 iPS細胞製血小板が世界を拓く:大量製造システムの開発

江藤 浩之 先生
(京都大学iPS細胞研究所 教授)
 休憩 10分間 
14:40-15:05 いま、拡がる遺伝子医療
村松 慎一 先生
(自治医科大学オープンイノベーションセンター
 神経遺伝子治療部門 特命教授)
15:05-15:30 ヒト脳血管網の再構築と創薬支援技術への応用
松崎 典弥 先生
(大阪大学 大学院工学研究科 教授)
15:30-16:00 iPS細胞 研究アップデート
山中 伸弥 先生
(京都大学iPS細胞研究所 所長/教授、
 公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団 理事長)
 休憩 10分間 
16:10-16:55 パネルディスカッション 「再生・細胞医療・遺伝子治療の未来を描く」
再生・細胞医療・遺伝子治療が2040年の未来を支えるものになっていくために今求められていること、
そして人が自分らしく最後までその人の人生を全うを目指すAMEDの理念「3つのLIFE(生命、生活、人生)」を実現していくために
再生医療・遺伝子治療が貢献できることについて、パネリストとして京都大学の山中伸弥先生、
3名の若手研究者の先生、AMED三島理事長を迎えて討論します。

パネルディスカッション登壇者

山中 伸弥 先生
(京都大学iPS細胞研究所 所長/教授、公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団 理事長)
パネリスト
武部 貴則 先生
(東京医科歯科大学統合研究機構 教授)
パネリスト
遠山 周吾 先生
(慶應義塾大学医学部 循環器内科 専任講師)
パネリスト
松崎 典弥 先生
(大阪大学 大学院工学研究科 教授)
パネリスト
三島 良直
(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 理事長)
パネリスト
加茂 倫明
((株)POL 代表取締役)
司会
加茂 倫明
((株)POL 代表取締役)
司会
16:55-17:00 閉会挨拶
城 克文
(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 理事)

開催概要

名称 令和2年度AMED再生・細胞医療・遺伝子治療公開シンポジウム
会期
令和3年2月3日(水)13時00分~17時00分
会場 オンライン開催
※Vimeoにて配信
対象 一般の方
定員 1,000名(事前申し込み先着順)
参加費 無料
運営事務局 株式会社POL
会場 オンライン開催
※Vimeoにて配信

お問い合わせ先

令和2年度 AMED 再生・細胞医療・遺伝子治療公開シンポジウム 運営事務局
amed[-]saisei[-]2020@pol.co.jp
([-]を半角の_(アンダーバー)に変更ください)